ブログ

【マイクロモーメントをビジネスに活かす】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グーグルが2015年に提唱した
マイクロモーメント
 
人が何かを
・したい時
・困った時
・知りたい時
・買いたい時
その瞬間にスマホやタブレットを
取り出す。
 
その瞬間のことを言います。
 
これまでは、
そういう欲求が起きても
「あとで」と思う。
 
そして結局、
行動しなかった。
 
しかし、今は
デジタルツールや
ネット環境のおかげで
その瞬間(モーメント)を
行動に変えることが
可能になった。
 
我々はそんな時代に生きている。
 
と、2015年の時点で
グーグルは言ったわけです。
 
そして、「瞬間」を
4つのモーメントに分けました。
・Want-to-know moments(知りたい)
・Want-to-go moments(行きたい)
・Want-to-do moments(したい)
・Want-to-buy moments(買いたい)
 
さて、
ビジネスをやっている我々
にとって大切なこと。
 
それは、
マイクロモーメントをどう
マーケティングに活用するか?
 
この視点でマイクロモーメントを
捉える必要があります。
 
具体的には、
3つの活用法があります。
 
1)マイクロモーメントからの行き先提案
2)マイクロモーメントからタイトな関係性へ
3)マイクロモーメントをエボークド・セットへ
 
それぞれお伝えしていきます。
 

1)マイクロモーメントからの行き先提案

 
グーグルが制作した動画では、
「ヘアドライヤーが壊れた困った瞬間」という
瞬間(モーメント)が紹介されています。
 
困った女性は瞬間的に
スマホを取り出します。
 
スマホの画面はECサイト。
 
困って必要性が生じた瞬間に
新しいヘアドライヤーを購入する。
 
こんな瞬間(モーメント)を
紹介しています。
 
グーグルのマイクロモーメント提唱動画
としてはそれでオッケーですよね。
 
しかし、
我々の問題意識は
・その瞬間をどう自分のビジネスに結びつけるか
です。
 
ドライヤーが壊れた→ドライヤーを買う→ECサイト
 
これはモノが必要になった時の
極めて自然な流れ。
 
しかし、
サービス提供をビジネスにしている場合。
 
例えば、
コーチング、
カウンセリング、
セラピー、
など。
 
取り扱うものが心や感情の場合、
ECサイトへってわけには
いきませんよね。
 
 
あなたがライフコーチだった場合。
 
「ライフコーチ」と検索して
検索結果の上位にする施策。
 
これSEO対策ってやつ
ですね。
 
もちろん、これは
できる範囲でやった方がいいと
思います。
 
できる範囲で。
 
でも、
個人起業家として
より日常的に意識すべきは
コンテンツマーケティング!
 
 
コンテンツマーケティングとは、
読み手にとって価値のある
コンテンツを制作し、発信する。
 
それによって、
・ニーズが明確でなかった生活者を見込み客に変えること
・ニーズを醸成することこと
・発信者を専門家に見せること
・発信者のファンにすること
などを狙ったマーケティング手法の一つです。
 
先ほどのライフコーチ。
 
人が
・目標を設定したい
・充実した一年を過ごしたい
・対人関係を良好にしたい
と思ったとき。
 
もしかしら、
・ブロガーの記事
・占い
・心理カウンセラー
に頼るかもしれません。
 
それはそれで
いいのかもしれません。
 
しかし、
あなたのビジネスチャンス
なっていたかもしれない、
と考えると。
 
あなたに誘導できなかった
ことは、ビジネスの喪失ですよね。
 
もし、
あなたが普段から
・見込み客の悩み
・悩みの解決方法
・見込み客のベネフィット
などを発信していれば。
 
お悩み発生時に
あなたのビジネスを
思い出したかもしれません。
 
これが
コンテンツマーケティングの
考え方。
 
なので、
やるべきことは。
 
あなたの見込み客の
マイクロモーメントを
想像する。
 
そして、
その状況
その時の悩み
その解決方法
などを
普段からできるだけ
・体系化して、
・専門家として、
発信しておく(コンテンツにしておく)
ことが大切です。
 
 

2)マイクロモーメントからタイトな関係性へ

 
これはさっきの延長線上にあります。
 
そして、
それをさらに進めたもの。
 
・困った状況
・困った問題
などが発生する
モーメント(瞬間)に直面した際、
すぐにあなたのことを思い出す。
 
そんな関係性を作っておくこと。
 
それはもちろん
・直接対話
が強力です。
 
でも、
・フェイスブック
・ブログ
・メルマガ
でも十分に可能。
 
そのための
・頻度
・内容
・らしさ(プロっぽさ、専門家然)
などは必須です。
 
タイトな関係性。
 
それを活かして、
マイクロモーメントから
「あなた」に向かう行動を
促して下さい。
 
 

3)マイクロモーメントをエボークド・セットへ

 
エボークド・セット(Evoked Set)とは、
消費者が買いものをする際、購買対象として
思い出す商品の組み合わせのこと。
 
要は、
こころの中のショッピング・カート
のようなものです。
 
そこにあなたの商品・サービスが入らないと
購入には至りません。
 
なので、
コーチング、
カウンセリング、
セラピー、
などを受けようという段階になった時。
 
見込み客が「依頼する相手先」として
こころの中に作るリストに
・あなた
もしくは
・あなたのサービスメニュー
を入れる必要があるのです。
 
「〇〇の時には〇〇さん」
「〇〇で困った時は〇〇さんのサービス」
という回路を相手の中に作ることが大事。
 
そのために
・専門家としてのブランディング
・成功実績(お客様の声)
・実際にセミナーなどをやっている様子
などを
日頃から「刷り込んでおく」ことが
重要となります。
 
これが
マイクロモーメントをきっかけに
エボークド・セットに入れる、
こと。
 
2015年の発表ですが、
マーケティング活用にとって
今ますます重要になっています。
 
ではまた
あかばねマコト
LAコンサルティング
 

「好き」を作るブランディング、はじめてみませんか?

        ⬇️

「好きを作る」仕組みを作り上げて

「集客」や「売上」につながるコツをお伝えするメルマガ。

     ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

「お客様があなたの商品を好きと言ってくれる仕組み」を作り「活動時間を2割削減」しても「売上が5倍!」になるメール講座。お申し込みはこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*