ブログ ブランディング

個人起業家のブランディングに必要な4つの力

個人起業家が「自分という商品」を最高値で売る。

そのためのブランディングに必要な力は4つあります。

  • 目的の力
  • やり抜く力
  • 商品の力
  • マーケティングの力 

それぞれについて説明していきますね。

個人起業家のブランディングに必要な4つの力

目的の力

個人起業家のブランディング戦略における最上位の概念が目的の力です。

ひとことで言うと「究極的にはなにをやりたいのか」ってことですね。

そして、

  • あなた独自の能力で
  • 価値を提供しながら
  • 究極的なやりたいこと

を実現させるためには、目的を考え方のベースとして

目的 ➡︎ 目標 ➡ 戦略 ➡︎ 行動計画

という流れが必要です。

個人起業家のブランディングの成功「〇〇と言えば」とある領域の話をした時に「真っ先にあなたの名前」が挙がること。

だから、目的の延長線上に「あなたの名前」があがることが必要なんです。

そして、

目的の要素として必要なことは

  • 社会性
  • 人を動かすこと
  • ワクワクすること

です。 

キング牧師の目的は黒人差別の撤廃。

その目的が人を突き動かし

  • ワシントン大行進を実現し
  • あの有名な ”I have a dream” の演説

に至ったのです。

グーグルの目的は、「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにする」。

この目的が今のグーグルを作りました。

やり抜く力

個人起業家のブランディングに必要なもう一つの力は、何があっても最後までやり抜く力です。

やり抜く力に必要なことは

  • 解釈力
  • やり続けやすい仕組み
  • やめない心の強さ

だと思います。

解釈力とは

失敗を成長の糧にすること。

何があってもポジティブに受け止めるめちゃめちゃポジティブな思考のこと

と言えるかもしれません。

やり続けやすい仕組みとは

「意志の力」に任せず仕組み化することです。

例えば毎日読書すると決めた場合、

ご飯を食べて歯磨きしてその直後に読書する

など、既に習慣化されていることとくっつける、という仕組み化することでやり続けやすくします。

やめない心の強さとは

何かあったらすぐやめてしまうんだよねぇ〜

ネガティブなことを言われるとすぐ凹んでしまいます〜

こうならないための

メンタルタフネスがやり抜く力には必要。 そして個人起業家のブランディングを確固たるものしていきます。

商品の力

見込み客のニーズやウォンツにドンピシャにに当てていく価値のことです。個人起業家のブランディングに必須の力と言えます。

  • 悩みに対して解決を提供する
  • 願望に対して達成する方法を提供する

このような価値をパッケージにしたものとなります。

特に、高額商品にするためには、見込み客との間で

  • 現状と理想の状態を握ること
  • やることを段階的に提供する

が必要となります。

現状と理想の状態を握ることとは

あなたの「現状」はこういうことですね

「なりたい理想の状態」というのはこういうことでいいですね

その通りです!本当にたどり着きたいところはそこです!

を見込み客との間で心の底から合意しておくこと

これがないと、

提供しても提供してもお客様からの満足感は得られない

ということになってしまいます。 

う〜ん、なんか違うのよねぇ〜

やることを段階的に提供するとは

提供するサービスを相手の進捗状態に合わせる形で段階的に提供することです。

そして、それによって

段階的に提供 ➡︎ 得られるものも段階的

になっていることです。 商品の効果的な作り方についはこちらで解説しています。

【売れる商品作り3つのポイント】
個人起業家の方のお悩みに「いい商品だと思うけど売れない」があります。ホントにいい商品なのでしょうか?当記事では売れる商品になるためのチェックポイントを3つお伝えします。これにより現在の商品の改善、これから出す商品の企画にお役立て頂けます。

マーケティングの力

マーケティングとは「売れ続ける仕組み」を作ること。個人起業家のブランディングをやる上でなくてはならないものです。

  • なにを売るか
  • 誰に売るか
  • どこで売るか
  • どんな仕組みで売るか

などを考えて

自分の持っている価値を最高値にする戦略がマーケティングの力となります。

見込み客は何を求めているかを把握する

  • 客観的理解力
  • 洞察力

などを活用して 

提供価値を通じて、お客さまに

これが欲しかったんです!

と言わせ、ライバルに

そそそ、それはできない!

と悔しがらせるUSP(あなた独自の売り)も必要となります。

さらに、

あなたの価値を「ひとこと」で言い切る

  • ポジショニング
  • コンセプト
  • キャッチコピー

も必要です。

さらに説得に仕組みとして

  • 顧客動線
  • コンテンツの質

もマーケティング思考でアウトプットすることが重要となります

まとめ

個人起業家が自分という商品を最高値で売るためのブランディングに必要な力は4つ

  • 目的の力
  • やり抜く力
  • 商品の力
  • マーケティングの力 

それら4つは、

  • 自分のインサイトを元にしたもの:目的の力、やり抜く力
  • スキルを身につけることでのアウトプット:商品の力、マーケティングの力

と分けることもできます。

いずれにしても

4つの力をバランスよく発揮することが個人起業家が最高値で「自分という商品」を売るためのブランディングにつながるのです。

マーケティングについては、ここでは書けなかった深掘りについて関連URLも貼っておきます。

【個人起業家のマーケティングで知っておくべき3つのこと】
個人起業家が成功するためには「最重要な3つのこと」に絞ってマーケティングする必要があります。リソースの限られた個人起業家は「早く結果を出さないといけない」からです。そうでないと「ビジネスの継続」が難しくなります。
【集客効果の高いUSPが簡単に作れる方法とは】
個人起業家の悩みで多いものの一つがUSP。でもUSPに関しては「作れません」は甘えかも。ちゃんとしたステップがあればできます。当記事ではさらにUSPをダントツに有効なものにするための方法についてお伝えしています。簡単で自分に自信がつくので効果バツグンです。

-ブログ, ブランディング

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.