ブログ 売上アップ ポジショニング コンセプト

【個人起業家が最初の売上を上げるためにまずやるべきこと】

起業したいけど、まず何をやったらいいのかわからない。これ多くの起業初心者の悩みですよね。

もちろん自分がやりたいことが明確にある人もいます。
しかし、そうでない人、特に以下のような方々にここではお伝えしていきます。

  • 一段落した子育ての後、会社に戻らず個人で稼いでいきたい
  • このまま会社に居続けるのはなんとなく不安

こんなふうに思ってる方々です。

ここでは、誰もができる簡単な初期の行動についてお伝えしていきます。

個人起業家が最初の売上を上げるためにまずやるべきこと

結論から言うと、やるべきことは2つです。

  • 今の自分を棚卸しして提供できるものを洗い出す(自分の商品価値を探す)
  • 今の自分ができることでナンバーワンになれる市場を探す(勝てる市場を探す)

その理由は、売上をたてるためには、この2つを決める必要があるからです。

  • 自分が何で勝負するのかを決める
  • どこの市場で戦うのかを決める

やるべき2つのことをちょっと解説しますね。

今の自分を棚卸しして提供できることを洗い出す

「これから何かを勉強してから」「資格をとってから」という発想は、将来の自分の商品価値で勝負するということ。これだといつスタートできるか分かりません。

まずは、「今の商品価値でできるところから始める」という考え方が大事。

今の自分ができることでナンバーワンになれる市場を探す

お客さまに選んでもらうためには、市場のランキング上位にいなければなりません。

経営の神様と言われているピータードラッカー「市場でナンバー1かナンバー2でなければ利益を上げる事は難しい」と言っています。

なので、今の自分でできることでナンバーワンになれる市場を探すこと。これが売上に結びつく方法です。

でも・・・

そうは言っても

今の自分じゃ、勝負できることもないし・・・

そもそもナンバーワンになんか、今の自分じゃなれない

と思う人がほとんどですよね。個人起業家がブランド価値を発見する効果的方法についてはこちらもどうぞ!

【個人起業家がブランド価値を発見する方法】
個人でビジネスをやる場合、商品・サービスも大事ですが、あなた自身のブランドとしての価値も問われるところ。それを発見する方法をお伝えします。

 

具体的なステップ

では具体的にどうやるのかをお伝えしますね。

ステップ1:勝負できるかもしれない自分の価値をを洗い出す

最初から「自分のこの価値絶対儲かる!」なんて思える人はほとんどいません。

なので、勝負できる「かもしれない」価値を見つけていく、というのがこのステップ。

まずは、縦軸・横軸を次のように設定してマトリックスを作ります。

  • 縦軸が「経験値」
  • 横軸が「好きの度合い」
  • 経験値は「高」「中」「低」と分類します。
  • 好きの度合いは「好き」「嫌いじゃない」「嫌い」と分けます。

それぞれの項目にあてはまる「こと」を書いていきます。

そして、次のマトリックスの「1」から「5」の欄がビジネスとして可能性のある領域です。

ただし、

  • いくら経験値が高くても「嫌い」であれば長続きしません:数字を入れてないところ
  • いくら好きでも「経験値が低」ければ、今すぐの売上は難しいかも:数字の「3」の領域

なので、1〜5の領域に「こと」を書き込んだら、「1」「2」「4」「5」の領域にフォーカスして次のステップに移ります。でも「3」の領域にも書き込んでくださいね。「直近の売上」には結びつかないかもしれませんが、将来的には無視できない領域なので。

ステップ2:ナンバーワンになれるかもしれない市場を特定する

ステップ1で記入した項目ごとにやっていきます。やることは、自分が記入した「こと」でその市場に参入した場合、どんな制限をつければナンバーワンになれるかもしれないかを考えることです。

多分、今のままではナンバーワンになるのはちょっと難しいですよね。だから、制限をつけて市場を狭くすることでナンバーワンになる可能性を高くします。これがこのステップの意図となります。

つける制限とは:

  • 見込み客を特定する制限:性別、年齢、悩みの種類、願望の種類、現在の状況など
  • アプローチ方法の制限:自分の提供するやり方を限定するなど

これをやると「今の自分で」ナンバーワンになれるかもしれない市場を特定することができます。

ここで一つ注意点があります。

注意点

あまりにも市場を小さくしすぎてしまったために「見込み客がいない」状態にしてしまいます。お金を出してくれる人がいなければビジネスは成立しません。

その場合は、小さくした市場(=悩み)について「答えを探している人」がいるかどうかをチェックしてみます。

その方法は

などで「その領域の悩みがある人がいるのかどうか」「いるとしたらどうの程度いるのか」を調べることです。

まとめ

ということで、個人起業家が起業してすぐに売上を上げるためにやることをお伝えしました。

  • 自分の商品価値を棚卸しすること
  • その商品価値でナンバーワンになれる市場を探すこと

そして、その具体的な方法についてお伝えしました。

ここでお伝えした方法はもちろん「これさえあれば望みが全て叶う」というものではありません。そもそも、ビジネスにそんな魔法は存在しません。「やった方がいいこと」を知った段階でまずはやってみる。やってみてダメだったら

  • やる量を変えてみる
  • やり方を変えてみる

この繰り返しです。

「これなら成果でるな!」と思った方法と量が見つかったら、しばらくそれをやり続ける。この試行錯誤以外に方法がありません。そして、これこそがビジネスの王道です。

ということで、ではまた!

参考記事

【個人起業にリスクなし】
起業ってリスクだらけじゃん!って思っている方多いですよね。でも客観的に見てみるとそんなことはありません。特に個人起業の場合、リスクはコントロールできます。その辺を解説しています。

-ブログ, 売上アップ, ポジショニング, コンセプト

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.