ブログ 売上アップ ポジショニング

稼げるポジショニング稼げないポジショニング 【個人起業家必読】

ビジネスをする場合ポジショニングは絶対必要!これはもう周知の事実ですよね。でも何故ポジショニングが必要なんでしょうか?そして、ポジショニングがうまくいって稼いでる人とそうでもない人の違いは何なのでしょうか?

ポジショニングというと、「空白地帯を探して旗を立てる」とか「ライバルとライバルの隙間を見つける」とか、「まだ誰も踏み入れてない領域に一番乗りする」とか、そんなことがポジショニングだと思われています。もちろんそれは全部正しいのです。でもビジネスでやってる以上そのポジショニングがちゃんと機能するか?つまり、売上につながるポジショニングになっているか?が大事。なのでここでは「稼げるポジショニング」と「稼げないポジショニング」について考えていきます。

稼げるポジショニング稼げないポジショニング

まずはこのような考え方の枠組みから 

  1. そのポジショニング、意味があるか
  2. そのポジショニング、価値があるか
  3. そのポジショニング、あなたらしいか

1. そのポジショニング、意味があるか

ポジショニングの第一義的な意味は、あなたを「見込み客から見つけてもらう」こと。つまり「集客」と言っていいと思います。集客アップに貢献しているポジショニングかどうか?これが「稼げるポジショニング」か「稼げないポジショニング」かの違いとなります。とはいえ、「奇をてらったり」「単なる非常識」では目につくかもしれないけどダメ。それによって見込み客が行動を起こすことにはならないからです。見込み客に、これまで考えてもみなかったアプローチや気づきを与えること、そして、それによって行動したくなるかどうか。さらには、あなたの提供する商品やサービスの価値の「一貫性」の入り口となっているか?これを考えて作るのが意味あるポジショニングです。

意味があるかどうかを考える3つのポイントがこれです。

意味に関する3つのポイント

  • そこに見込み客は本当にいるか?
  • 見込み客が行動をしたくなるようなコンテンツや仕掛けが入っているか?
  • あなたの提供する商品サービス全体を考えて、その切り口が一貫性を貫けるものになっているか? 

2. そのポジショニング、価値があるか

ポジショニングを作る場合、まず考えるべきは「誰に対して」つまりターゲットでした。

個人起業家ブランディングのためのポジショニング 【手順を解説】

個人起業家のブランディング。 あなたのブランディングを考える段階で必ず出てくるのが「ポジショニング」です。ポジショニングと言うと「差別化」や「独自化」など「違う」ことをやること!と考えがち。それはその ...

続きを見る

ターゲットが明確でないとポジショニングは始まりません。そしてターゲットとはあなたの見込み客のニーズやウォンツのこと。「これまで解決できなかった悩み」「まだ叶えられていない願い」のことです。なので、あなたのポジショニングに触れた時、見込み客が「これは私のためにあるんだ!」「まさに今の私が必要としているものだ!」と感じさせることができるかどうか。これが価値があるポジショニングかどうかを決めます。

価値があるかどうかを考える3つのポイントがこれです。

価値に関する3つのポイント

  • 見込み客の問題解決や願望達成に貢献できるか?
  • 見込み客に気づきを与えることができるか?
  • ある一人の見込み客に対して「これ私のためのもの!」と感じさせることができているか?

3. そのポジショニング、あなたらしいか

意外と抜け落ちてるのがここ。ターゲットを考え、市場にすでにいるライバルを研究し、ここが「空白地帯」「一番乗りしやすさ」など、しっかりやっている人でさえ抜け落ちるのがこれ。「あなたらしさ」です。そこで勝負することが「本当にあなたらしいのか?」を考えないと、やり始めてから「なんか違う」「どこか一生懸命になれない」という自分の中での違和感を感じることになります。

そして、もちろんその違和感は見込み客にも伝わるもの。なぜだかわからないけど「これ本当に申し込んでいいのかなぁ?」「なぜか参加のモチベーションが高まらない」と感じさせてしまうことになります。見込み客の行動を誘発できないポジショニングは当然「稼げないポジショニング」です。なので、あなたが決めたポジショニング「本当にあなたらしいのか?」今一度チェックしてみる必要があります。

あなたらしいかどうかを考える3つのポイントがこれです

あなたらしさに関する3つのポイント

  • 過去のあなたが「あったら嬉しい!」と喜ぶものか?
  • 心の底から「これって絶対優先順位一番!」と思えるものか?
  • あなたの「やりたい!」に忠実か?

まとめ

ポジショニングはビジネスに絶対必要なもの。特に個人起業家にとっては「ポジショニングで売上が決まる」と言っても過言でないほど重要。なぜなら個人のビジネスは、人付き合いと同じように「第一印象で勝負が決まる」ウェイトが高いから。見込み客から一旦「これだ!」と思われたら「関係が継続する」可能性は高いのですが、何かの拍子で「これは私と関係ない!」という印象になれば絶対に戻ってきません。そのためにも、あなたを選んでもらう最初のステップとしてのポジショニングは極めて重要。

 

単に空白地帯があるから、単に一番乗りできそうだから、単にライバルがやってないから、こんな理由だけでポジショニングを決めてしまうと「稼げないポジショニング」となってしまいます。そのためのチェックリストとして使っていただきたいのが3つの視点です。この3つがYESである場合、「稼げるポジショニング」である可能性は高いと言えます。

  1. そのポジショニング、意味があるか
  2. そのポジショニング、価値があるか
  3. そのポジショニング、あなたらしいか

言わずもがなですが、この反対が「稼げないポジショニング」。

  • 目立つだけで「意味のない」ポジショニング
  • 「解決も気づきも与えていない」ポジショニング
  • あなたらしさを「無視して」または「無理して作った」ポジショニング

是非、あなたのポジショニングのチェックリストとして活用してみて下さい。「でも何故か売れな〜い」とお悩みの方はこちらを一読されるのをオススメします。

個人起業家の「売れない」の原因はポジショニング?

「起業したけどちっとも売れない」 もし、こんなお悩みがあるなら、おそらく、いや十中八九それは「ポジショニングができてない」せいです。コンセプト、ブランディング、世界観とか・・・個人起業家の成功に必要な ...

続きを見る

ポジショニングを誰にでもできるように体系化した「6つの型」いまならE-book無料でプレゼントしてます

ポジショニングE-bookの詳細はこちら

-ブログ, 売上アップ, ポジショニング

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.