ポジショニング

自分らしさを出す

自分らしさを出す。

 

どんなビジネスでも、ビジネスをしてなくても、大切なこと。

 

特に
マイクロ・アントレプレナーと呼ばれる個人起業家にとって「自分らしさ」はもっとも大事に扱うべきもの。

 

自分らしさとは、独自性。

独自性を出すには、出すことだけを気にしていたらダメ。

まずは

①インプット

 

入れないと出てこない。

何を出すかは、何を入れるかで決まる。

何を入れるかのフィルターは、

「好き」なことかどうか。

 

最初は、わりと緩めに「好き」を広くとってみる。

そして、広めの「好き」の中で直感的にインプットしてみる。

 

ここで大事なのは、正しいか・正しくないかにもちこまないこと。

あくまでも「好き」かどうか。

 

情報、モノ、付き合う人、全てだ。

そして

②撹拌(かくはん)

 

アタマの中、カラダの中でぐるぐるかき混ぜる。

広めにとった「好き」のフィルターで集めたものを細かくしたり、くっつけたり。

「好き」なものを「より好き」にしていく。

 

そして、

必要なものと、不要なものを分けていく。

その時の尺度は「そもそも、なぜやってるのか」

 

そもそも、このビジネス、この活動、なぜやってるんだっけ?

そこに戻る。

迷ったら戻る。

そこにしか、自分の中の正しさはないから。

 

最後に

③アウトプット

アウトプットだけは

自分のためにやるんじゃない。

必要な人のためにやる。

必要な人は、目の前の悩みを持った人かもしれない。

会ったことのない、タグ付けされた人かもしれない。

 

いずれにして、このアウトプットは誰に役立つか?

それを尺度に、嗅覚とデータをもとにして決める。

 

・そもそも何故やっているか?
・人に役立つこと

この二つが結びついた時、とてつもない力を発揮する。

それが成果に結びつくことは

言うまでもない。

・好きであること
・「より好きな必要なもの」にする
・必要な人のために提供する 

それが自分らしさを出す意味。

 

ではまた

あかばねマコト

-ポジショニング

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.