ブログ コンセプト ブランディング

【個人起業家のブランド価値を発見する方法】

ここでは個人起業家のブランド価値を発見する方法についてお伝えします。

一番良いのは「自分で一生懸命考えること」これに尽きます。

【個人起業家のブランディング:成功の秘訣】

個人起業家が成功するブランディングの秘訣は、 マーケティングの基本を理解する エクストリーム領域を決める 行動を継続すること です。 個人起業家のブランディング:成功の秘訣 個人起業家がブランディング ...

続きを見る

ふざけるなっ!とお叱りを受けるかもしれません。しかし、それ以上の良いやり方はないと思っています。自分の本質的な価値は何か?それを全身全霊で考え抜くこと。それにつきます。

個人起業家のブランド価値を発見する方法

もちろん考えるためのアプローチ方法はあるので、ここではその2つの方法をお伝えしていきます。

それは、個人起業家としてのあなたの価値が

  • 見込み客がお金を出しても欲しいと思うほどの価値であること
  • あなたからしか手に入れられない価値であること

です。

見込み客がお金を出しても欲しいと思うほどの価値であること

もし見込み客がこう思った場合、

 

価値はわかったけどお金を払うほどではないな!

もちろんビジネスにはなりません。

あなたからしか手に入れられない価値であること

では、見込み客がこう思った場合はどうでしょう?

価値はわかったけど、その価値、他の人からも受け取れるかも・・・

この場合もビジネスにはなりませんよね。

どちらの場合も、見込み客がはあなたのところに来る強烈な理由になってないからです。

こんな時、あなたの価値を徹底的に再考する必要ありますよね。

価値の前提条件

個人起業家のブランド価値をじっくり考える前におさえておくべき前提条件が2つあります。
自分の提供価値が

  • 顧客の悩みの解決に役立つか
  • 顧客の願望達成をサポートできるか

です。

これを踏まえた上で、相手に伝わる価値にすることが必要です。

価値を見える化する

あなたの本質的な提供価値。これは、あなただけが分かっているのでは意味がありません。

それが人に分かってもらえるようにするための第一歩して「見える化」されていることが必要です。

でもモノを売っている商売ならいいですが、そうではない人はどうしたらいいのでしょうか?例えば、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピストのような方々ですよね。

このような方の商品は物理的に見えるものではありません。

しかし、言葉やメソッド、考え方や気づきを与えることで顧客を現状から理想の場所に連れて行く。こんな価値を提供しているわけです。その価値が見込み客から「見える」ようにすることが価値の見える化です。

合理的に期待させる

そのためにすべきことは2つ

  • パッケージ商品として形にする
  • 段階的にしてゴール達成を合理的に期待させる

パッケージ商品として形にする

パッケージ化することで人は「これさえやればいいのか!」という気持ちになるもの。そうなると、「悩みの解決」や「願望の達成」が見えてくるものです。ゴールが見えてくると「買ってもいいか!」「買ってもソンしなさそう!」という気持ちが芽生えてきます。

段階的にしてゴール達成を合理的に期待させる

ゴールが見えてきたとしてもまだ不安は残ります。どんな不安かと言うと「自分にできるだろうか?」という不安です。

それを払拭するのがゴール達成までの道筋を段階的にすること。

最初にやることはこれ。次にやるのはこれ・・・・、とステップとゴールをつなぐこと。これをやることで、「これを順番にやっていけばゴール達成ができるんだ!」と合理的に期待させることです。

個人起業家のブランド価値の意味を理解する

ブランド品

いわゆる「ブランド品」と言われている高級バッグや高級腕時計などは、商品や企業側のブランド価値を決めておくだけでいいのです。なぜかと言うと、その価値に反応した人だけが集まってくる。こんな構造をしてるからです。

個人起業家のブランド価値

一方、個人起業家のブランド価値はそうではありません。自分が決めて「あとは待つだけ」ではビジネスになりません。と言うより、「価値として成り立たない」と言ったほうが正しいかもしれません。

相手が望むものと自分が提供するものがマッチした時に初めてあなたのブランド価値として機能するからです。なので、伝える相手を明確にするということは、なくてはならないもの。ではどのようにするか 

伝える相手を明確にする

伝える相手を明確にする方法はいくつかあります。

特にコーチ、コンサル、カウンセラー、セラピストなど「人の成長を促す」ことを生業としてるビジネスの場合、一つ有効な方法があります。

過去の自分を見込み客とする

それは過去の自分を見込み客とする方法です。現在の自分はあなたが提供する価値やメソッドによってが作られたわけです。作られる前、つまり過去の自分はまさにあなたの価値を伝えるべき最高の相手。しかも過去のの心理状況や欲しいものは、手に取るように見えるわけです。

つまり、伝わるメッセージが作りやすいということ。というわけで、過去の自分を伝える相手(見込み客)として設定してみてください。

まとめ

話をまとめると、個人起業家としてのあなたのブランドの価値の発見は「考え抜く」こと。考え抜く方法として、その価値は

  • 見込み客はお金を払ってでも欲しいと思うか?
  • あなたからしか手に入らないか?

という視点を持つこと。

そして、その前提として、そもそもあなたの提供価値は

  • 顧客の悩みの解決に役立つか
  • 顧客の願望達成のサポートになるか

です。

その上で、顧客が購買行動を起こしやすくするように

  • パッケージ商品にする
  • 段階的な作りにすることで合理的な期待をさせる

ことが重要でした。

されに、価値を発信する相手として

  • 過去の自分

を設定することをオススメしました。

油断すると「独りよがり」になってしまいがちなブランド価値。これまでお伝えしたことができれば、相手に伝わり・行動を起こしたくなるあなたの価値を発見できるはずです。

ぜひお試し下さい。

ではまた!

参考記事

【個人起業家の天国と地獄。決め手はこれ!】

個人起業家が成功するか失敗するか?要因はいくつもあります。 でも、究極的な決め手はこれ。 結論から言うと、 あなたの「好き」を見込み客の悩みの解決にしているかどうか です。 ちょっと解説します。 個人 ...

続きを見る

-ブログ, コンセプト, ブランディング

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.