ブログ ポジショニング

起業家はポジショニングを再検証すべし【4つのチェックポイント】

マーケティングもブランディングもスタートは「ポジショニング」。全てはポジショニングから始まります。

ポジショニングとは「相手のアタマの中に、あなたがどんな領域で一番魅力的な人か」を定着させること。

大事なことは「ナンバーワンでないと意味がない」ということ

そうでないと相手の記憶に残らないからです。記憶に残らないと「ニーズが発生した時」にもあなたに連絡するという選択肢が思いつきませんよね?

そして、今、こんな時期だからこそポジショニングをより「くっきり」「はっきり」相手のアタマの中に定着させるために、基本に立ち戻って再検証し、強化した方がいいはず。

起業家はポジショニングを再検証すべし【4つのチェックポイント】

以下の4つのポイントで再検証してみましょう!

チェックポイント

  1. ポジショニングとは「相手が判断すること」と理解しているか?
  2. 売り込みたいことを「一つ」に絞っているか?
  3. 「象徴的なこと」を意識して作っているか?
  4. 「アグレッシブ」に設定しているか?

1. ポジショニングとは「相手が判断すること」と理解しているか?

私のポジショニングはこうね!

と思ってもうまくいくとは限りません。

ポジショニングとは相手が認識するものでから。なので、相手に自分の望むポジションを植え付けたい場合は

  • 相手が既にもつ価値観
  • 「できごと」「モノ」「現象」などに相手がどんなイメージや価値を紐づけるのか

を理解した上で戦略を立てていくといいでしょう。

2. 売り込みたいことを「一つ」に絞っているか?

人間はたくさんのことを同時に覚えられないもの。そして、

基本的にはみんな自分のことしか関心がない

こういった前提で「相手にどう認識してもらいたいか」を常に考えることが必要ですよね。

「常に関心の中心は自分にある」、それが現実。なので、そこに割り込んで入らなければならないので、「相手の価値観を理解した上で」という#1で言ったことと同時に

売り込みたいこと、記憶させたいことは「一つに絞る」ことが大事

3. 「象徴的なこと」を意識して作っているか?

自分で作ったコンセプト!やっぱり人に話したくなりますよね。そして話すと「長〜く」なってしまいがちです。

でも、いくら長々とコンセプトを語ったり・想いをシェアしても人はそれを「右から左」に流してしまうもの。悪気はないですよ、多くの場合。

なので、「語る」ことも大事ですが、それよりも

  • あなたを象徴する行動
  • シンボリックななにか(どんな人・どんな専門家に見られたいかを表すこと)

で圧倒的にインパクトを残した方が記憶に残り、定着しやすいですよね。

4. 「アグレッシブ」に設定しているか?

こんなに凄いポジションを目指していいの?

って思うぐらいにやるのがいいと思っています。

受け取るのは相手です。でも発信はあなたです。

なので、次のステージにいくには、アグレッシブさが必要。そしてポジショニングは平面的な位置だけではなく「力強さ」も必要であることを考えると「十分に」または「十分すぎるぐらい」アグレッシブになってもいいと思います。こんなチェックも忘れずに!

自分で「本当に大丈夫?」ぐらいアグレッシブにやらないと人生変わりません。起業家としての立ち位置も変わりません。そうなると、人生にもビジネスにも迫力がでてきません。

要は「覚悟」ってことですよね。

まとめ

マーケティングやブランディングの基本である「ポジショニング」。

特にこの時期、起業家としての自分のポジショニングを今一度確認・強化するために再検証を4つのポイントでやることをオススメしました。

  1. ポジショニングとは「相手が判断すること」と理解しているか?
  2. 売り込みたいことを「一つ」に絞っているか?
  3. 「象徴的なこと」を意識して作っているか?
  4. 「アグレッシブ」に設定しているか?

ぜひこの機会にやってみてください!

ポジショニングについてはこちらもどうぞ。

ポジショニング戦略で稼げる個人起業家になる

稼げる個人起業家がほぼ例外なく持っているもの、それは 顧客心理を熟知したポジショニング戦略です。 「顧客心理を熟知した」というのが結構大事なんです。なぜかと言うと、 ポジショニングとは心理戦そのもの ...

続きを見る

-ブログ, ポジショニング

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.