ブログ USP

個人起業家のUSPの悩みを一気に解消【絶対作れる方法とは】

個人起業家の方からの「USPができないんです」っていうお悩みってわりと多いんです。

USPってそもそも必要?という議論はともかくとして

こうやれば絶対作れる!という方法についてご紹介します。

 USP(ユニーク・セリング・プロポジション)とはひとことで言うと「独自の強み」

ですよね。「作れません」と言ってる人が作れるようにするにはどうしたらいいのか?

結論から言うと「大量行動する」ことです。

これについて説明しますね。

個人起業家のUSPの悩みを一気に解消【絶対作れる方法とは】

USPとはそもそもなに?

USP は誰でも作れます。

なので「作れません」って言ってる人はちょっと甘えてるかもです。

厳しい言い方ですけれど。

そもそもUSPって

  • 自分の強み
  • 相手の求めるもの
  • 他人が提供できないもの

の掛け合わせですよね。

一般的なUSPの作り方

基本的な作り方は一般的には次のステップでやります。

  • ステップ1:自分ができる領域の中で相手が求めていることを探す
  • ステップ2:自分が他人より優れていることに絞り込む
  • ステップ3:提供すれば相手から感謝されるところまで強める 

なぜ「作れない」と思うのか?

「私には作れないかも」と思ってる多くの方は

  • こんなことで相手に感謝されるわけない
  • こんなことでお金払ってもらえるわけない

と漠然と思ってるからなんです。 

それを「作れる!」に変えるには

なので、それを

  • 感謝され
  • お金を喜んで払ってもらえ
  • 絶対他の人はできない

というものに変えてしまえばいいのですよね。

それには

  • これだけやれば感謝されるだろう
  • ここまでやればお金払ってもらえるだろう
  • これだけやってる他の人はいないだろう

の領域にまで高めればいいのです。

そのためにやることが大量行動なのです。

具体的は大量行動の仕方 

では何をどのように大量行動したらいいのでしょうか?

具体的には次の2つを考えます。

  •  USPらしきもの(この段階では「仮設定」でオッケー)を2軸で作る
  • どちらかの軸を伸ばす

どちらの軸を伸ばすか?についてはこのように考えます。

  • ここまでやれば人はついて来れないと思うもの
  • こんなこと人はやりたくないだろうなと思うもの
  • 自分の価値の本質につながるものはどれか

これに特化して大量行動します。 

こんなことでUSPになるの?ホント??

って思っているかもしれませんね。

具体的にアメリカ在住の私のクライアントさんの例をあげますね。

具体例

アメリカ在住の50代の女性。保険の販売を生業としている方です。

販売成績がぱっとしないのですが、どうしたらいいでしょうか?

ということで相談が来ました。

  • 自分は何の取り柄もないし
  • だから自信がないのよねぇ

というのがご本人の自己分析でした。

まずはUSPの仮設定を以下のようにしました。

保険販売で一番大事なことは何ですか?

て聞くと

たぶん信用です

ってお答えになりました。

では信用残高を増やすために強みの一つである「聞く力」軸を強化するための大量行動しましょう!

ということなりました。

生命保険は相手の人生に寄り添うもの

を口グセにされていたので、「よろず相談」のようなものを100件こなすことにしました。

  • 「相談では保険は売らない」というルールを作り
  • 3ヶ月かかって100件達成しました。

実は100件達成まで行かないうちから

  • なんとなくの自信が出てきた
  • 相談活動が知り合いの中で口コミになった

ことで保険が売れるようになってきました。

今では自信を持ってやってらっしゃいます。

ここから何が言えるか、ですが。

  • USPらしきもの(仮USP)を作る=上の図
  • 価値の本質に沿うものを意識して=信用が大事
  • 人がやらないかもと思う軸を選ぶ=「聞く」を強化

そして、選んだものの象徴的な行動を大量(よろず相談)に行う。

大量行動の結果

  • 自分に自信がつく
  • ライバルとの大きな差ができる
  • その結果お客様から選ばれる

という良い結果に結びついたのです。どんなビジネスにとっても売上アップは永遠の課題。それは「商品」で解決できることもあるもの。こんな記事を貼っておきます。

【売れる商品作りの3つポイント】
個人起業家の方のお悩みに「いい商品だと思うけど売れない」があります。ホントにいい商品なのでしょうか?当記事では売れる商品になるためのチェックポイントを3つお伝えします。これにより現在の商品の改善、これから出す商品の企画にお役立て頂けます。

まとめ

「USPが作れません」と言ってる人は甘えているだけかも。

このステップでやればできないことはないはず。(先ほどより少し細かくしてます)

  • USPらしきもの(仮USP)をまずは2軸で作る
  • あなたの提供価値の本質を意識する
  • どちらかの軸を伸ばすかを決める
  • その軸を象徴する行動をきめる
  • 大量行動する

このようなことを意識して個人の時代に個人起業家として稼いでいって頂きたいと思います。個人の時代の稼ぎ方についてのURLも貼っておきます。

【個人の時代の「金のなる木」戦略とは】
個人に時代の稼ぎ方とは?収益を上げる代表的な3つの方法、そして、収益化のための起点となるもの、さらにはその核となるものについて説明しています。個人の時代に稼いでいきたい方、現在会社員でもすでに起業させている方でも参考になる記事です。 

-ブログ, USP

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.