ブログ 売上アップ

『もしドラ』風?マーケティング「もしもドラッカーに今やるべきことを聞いてみたら」

この状況を起業家は、どのようなマーケティングで乗り越えるべきか?

『もしドラ』よろしく「もしドラッカーに聞いたら、何て言ってくれるだろうか?」と妄想してみました。

『もしドラ』風?マーケティング

経営の神様ピーター・ドラッカー氏はこのように言っています。

ポイント

成果を上げるための秘訣があるとしたら、それは集中である

そして、成果をあげている人は

ポイント

「最も重要なこと」に自分の強みを集中させている

とのこと。

しかも、「一度に一つのことだけ」しかやらないらしい。

なるほど!

では言われたとおりやってみよう!

と思った瞬間、3つの疑問が浮かび上がります。

3つの疑問

  • 「最も重要なこと」とはなにか?
  • どのようにそれを見極めるのか?
  • 集中すべき自分の強みとは何か?

「最も重要なこと」とはなにか?

多分、「最も重要なこと」とは自分が設定した「ゴールに到達するために最も影響力をもつこと」ではないかと推測。

例えば、ゴールが「売上」だとしたら。

  • 最も影響力をもつものは何か?
  • とりあえず「集客」と「成約率アップ」と仮説を立てます。

人を集めて(集客)、契約してもらう(成約率アップ)と売上になりますからね。

どのようにそれを見極めるのか?

最も重要なことをどのように見極めるのか?についてドラッカー氏はこんなふうに言っています。

ポイント

優先順位の決定は比較的簡単だ。しかし、それがなかなかできないのは、「取り組むべきでない仕事を決める」のが至難の技だからである。

つまり、

  • 「やらないことを決める」ことが「集中すべき最も重要なこと」を見極める方法

ということなのですね。

ところで、さっきの仮説「集客」と「成約率アップ」について今一度見てみましょう。

集客とは

あなたのことを知らない人に対して、SNSやブログなどで存在に気づいてもらいメルマガやLINEなどに登録してもらう、いわゆるリスト取りの作業

のことですよね。

もちろん、長期的にはこれがないと売上にはなりません!

でも、今すぐ売上に結びつけるには「すでに温まっている見込み客」つまり「あなたのリストに入ってる見込み客」に対してアプローチをかけた方がいいかもしれません。

と考えると、

  • 「集客」はこの状況においては「取り組むべきでない仕事」
  • 「成約率アップ」が「最も重要なこと」

になりそうです。

集中すべき自分の強みとは 

ところで「成約率アップ」の秘訣とは、

  • あなたの商品やサービスが手に入らなかった時の究極の不幸な状態
  • あなたの商品やサービスが手に入った時の究極に幸せな状態

を対比することによって、見込み客から「買わせてください」を引き出すことですよね。

となると、

そこにあなたの「強み」をぶつけていく必要があります。

もしあなたの強みが「トーク」だったら

「究極の不幸な状態」と「究極に幸せな状態」をしゃべりでイメージさせることがやるべきことかも。

もしあなたの強みが「数字やデータ」だったら

論理的にデータを見せながら説得することがやるべきことかも。

もしあなたの強みが「人的つながり」だったら

推薦書からのコメントを集めることがやるべきことかも。

 

こういったことが「自分の強みを最も重要なことに集中させる」ことかもしれませんね。

まとめ

今日は、この景気後退の中「今やるべきことはなんですか?」とドラッカー氏に聞いてみたら?という立て付けで妄想してみました。

これは妄想でなく本当にご本人が言ってることですが

ポイント

成果を上げるための秘訣があるとしたら「最も重要なこと」に集中すること。そして「最も重要なこと」の見つけ方は「取り組むべきでない仕事」を決めること

だそうです。

「個人起業家の強み診断」についてご興味のあるかたはこちらもどうぞ。

それは本当にあなたの強みですか?【個人起業家の強みを診断】

個人起業家が「好きなこと」をネタにして起業するのには反対しません。 「好きなこと」で起業するのは個人起業家の特権と言えば、特権ですからね。 でも、「好きなこと」だけでは 短期的にはうまくいくかもしれま ...

続きを見る

-ブログ, 売上アップ

Copyright© LAコンサルティング , 2020 All Rights Reserved.